神奈川県平塚市の整骨院「まがみ整骨院」。スポーツ障害・交通事故各種保険適用・キッズスペース完備。身体に悩みをお持ちの方はお気軽にご相談下さい。お子様からご高齢の方までどなたでもご利用頂けます。

まがみ整骨院|神奈川県平塚市の整骨院
スタッフブログ
2020年05月21日

食中毒(まがみ整骨院)

 

こんにちは!

 

コロナもだいぶ収まってきましたが、まだまだ油断は禁物ですね(;´Д`)

 

私はGW中に急性胃腸炎になってしまって大変でした(´;ω;`)

 

今回は、これからの時期に気を付けたい食中毒話しをします。

 

 

食中毒は気温が上がる5月以降は要注意です。

 

食中毒は、有害な微生物に起因する健康被害です。

 

主な症状は、腹痛、嘔吐、下痢、発熱などです。

 

 

食中毒の原因は大きく分けて4つあります。

 

・細菌

 

・ウイルス

 

・寄生虫

 

・自然毒

 

 

この中でも暑くなる季節に気を付けたいのは細菌です。特に30~40℃で最も増えやすくなります。

 

 

食中毒の原因となる代表的な細菌

 

・カンピロバクター

 

・黄色ブドウ球菌

 

・病原性大腸菌

 

・サルモネラ菌

 

・ウェルシュ菌

 

・セレウス菌

 

などです。

 

上4つの菌は主に食肉や人の手からうつります。

 

やっかいなのは下2つの菌です。

 

これらの菌は加熱処理しても死滅しません。

 

60℃以上の環境下では増殖できませんが、芽胞と呼ばれる硬い殻に閉じこもって休眠し生き延びています。

 

100℃の高温で加熱処理しても、芽胞で守られているため菌は死滅しません。

 

芽胞で守られた休眠状態の菌は、体内に入っても休眠状態のまま排出されるため、調理後すぐに食べれば問題ありませんが、ウェルシュ菌やセレウス菌は50℃以下になると増殖しやすくなるため調理後に室温で放置しておくと菌が増殖し、中毒の原因となります。

 

 

食中毒を予防するために、付けない、増やさない、やっつける、の三原則を守りましょう。

①付けない(菌を他の食品に付着させない)

 

まず、食材を取り扱う前と後に、手指をしっかりと洗いましょう。手のひら、手の甲、指、爪、手首まで石けんを泡立てて洗い、流水で十分に洗い流すことが大切です。

 

また、肉や魚は、ポリ袋やラップでしっかり包んで冷蔵庫で保存しましょう。冷蔵庫の中で他の食材に触れたり、汁が漏れて他の食材を汚染したりすると、食中毒の原因になってしまいます。

 

キッチン用品にも気をつけましょう。

 

例えば、まな板の上で肉を切った後、しっかり洗わずに生で食べる野菜を切ってしまうと、肉に付着した菌が野菜についてしまいます。

 

野菜を切ってから肉を切るなど調理の順番を考えたり、生で食べる食品用と肉・魚用でまな板を分けるのも良い方法です。また、保存用ポリ袋やラップ等の再利用も避けましょう。

②増やさない(菌が増殖する環境に置かない)

 

冷蔵品や冷凍食品は、すぐに冷蔵庫・冷凍庫に入れましょう。また、冷蔵室に食品を詰め込みすぎると温度が高くなってしまいます。冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫はマイナス15℃以下に保ちましょう。

 

ただし、冷蔵庫に入れておいても細菌が死滅するわけではありません。長期間にわたる保存は避け、早めに使いきるようにしましょう。

③やっつける(殺菌・消毒して死滅させる)

 

多くの細菌は、75℃以上で1分以上加熱することで死滅します。そのため、十分に加熱調理すれば、大抵の食中毒は防ぐことができます。

 

食材の中心部までしっかり火を通すようにしましょう。

 

そして、使用後の調理器具の殺菌には、塩素系漂白剤などに含まれる次亜塩素酸ナトリウムが有効です。

 

ただし、食品カスなどが残っていると消毒力は途端に失われますので、調理器具を洗剤などでよく洗った後に使いましょう。

 

万一、食中毒が疑われる症状が出てしまったら、市販薬を自己判断で飲まずに病院を受診しましょう。

 

下手に市販薬を飲むと重症化する場合もあります。下痢や嘔吐がある場合は、水分(経口補水液)を取ることも大切です。

 

水を飲んでもすぐ吐いてしまう場合は、口を湿らせる程度で少量ずつ水分を取るとよいでしょ

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
まがみ整骨院
神奈川県平塚市万田203-2
0463-86-6699
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 立体動態波治療器
  • 施術メニュー
  • 自賠責保険
  • 求人案内
診療時間案内
※19時以降は電話予約のみ対応。
※土曜日は13:00までになります。
※駐車場有り

まがみ整骨院 Magami Osteopathic Clinic
〔 住所 〕〒254-0913 神奈川県平塚市万田203-2
〔 電話番号 〕0463-86-6699
〔 休診日 〕日曜日・祝祭日
>>医院詳細はこちら